2010年04月21日

龍馬伝 感想 第16回

龍馬伝 感想 第16回るんるん

目的の幕府の軍艦奉行並の幕臣勝麟太郎(武田鉄矢)に会いましたね。
また、この勝麟太郎(武田鉄矢)はハマリ役でした。
早口言葉でまくし立てる様に話す特徴的な話し方。
印象深かったですね。
笑ってしまった。本心は坂本龍馬役を演じたくて仕方がないと思うけれど。

【送料無料】【まんが全巻セット】文庫版 お〜い!竜馬 (1巻〜14巻 全巻セット) 小学館 ★...
だって「お〜い!竜馬」の原作をしている位坂本竜馬ヲタクですからね。


そして、同時に面接を行い「×」を連発。
人間を測っていました。
しかし、これは坂本龍馬が逆に勝麟太郎(武田鉄矢)の度量を測っていたんですね。
また、龍馬の幼なじみでまんじゅう屋の近藤長次郎(大泉洋)にも身分が違えど
一口龍馬饅頭[16個入]
同じ志を持って勝邸にて出会ったんだなと。
キッカケを作ったのが岩崎弥太郎。



入れ違いで武市半平太達が勝の真意と
将軍を帝の元へ上洛する様に助言を頼んでいました。
事が進まないことへの苛立ちを勝へ「攘夷」を盾に脅迫じみたことを・・・。
権力を手に入れた武市は人間というか人格が変わってしまったことをまんじゅう屋の近藤長次郎が指摘。



だが、勝は山内容堂と対等に話すことができる身分の旗本である告げ
逆に武市達を黙らせてしまった。見事でした。



武市が「龍馬は幕府も藩もいらない」発言が勝の心に火をともした。
明確な答えを持っている人間だと直感したんだろうか?
龍馬を後日邸宅に呼び武市の発言の真意を知ろうと誘導尋問。
勝も龍馬も同じ未来の日本の事を考えていてそれが海軍であり
黒船を持つということであった。
実際勝海舟はアメリカに渡り世界を見てきた一人。
だからこそ今の日本が置かれている立場を憂い柔軟な考えを持っていたんだと理解。



実行力と剣術そして、人を引き付ける魅力のあるのが坂本龍馬。
自分と同じ志を持ち言い方が適当ではないが
手足となって自分で考え打破してくれる仲間が欲しかったんだろうね。
ここで勝海舟 坂本龍馬と近藤長次郎のトリオが結成。

勝海舟の「咸臨丸」(黒船)に初めて乗船した坂本竜馬のはしゃぎ様は正に子供のよう。
そして、トータス松本演じる「ジョン万次郎」との出会い。
今後ここからがさらに面白くなる展開を予感させました。

ジョン万次郎
勝海舟
posted by りょうま at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

四国 京都 長崎 坂本龍馬 鹿児島
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。