2010年04月17日

龍馬伝 第16回のあらすじ

龍馬伝 第16回「勝麟太郎」のあらすじ。


脱藩した龍馬(福山雅治)は江戸の千葉道場に!
佐那の兄・重太郎(渡辺いっけい)も龍馬が戻ってきたことを喜ぶ。
龍馬は幕府の軍艦奉行並の幕臣勝麟太郎(武田鉄矢)に会うために江戸に来たのだった。



龍馬は重太郎の取り計らいで幕府の政事総裁職・松平春嶽(夏八木勲)に会い、勝への紹介状を書いてもらうことに成功する。
幕末五人の外国奉行



龍馬は紹介状を携え、赤坂にある勝の屋敷を訪れる。
勝の屋敷で龍馬の前に現れたのは、

龍馬の幼なじみでまんじゅう屋の近藤長次郎(大泉洋)だった。



長次郎は、日本のために役に立ちたいという志を持って江戸に出てきたのだった。
龍馬は、勝の弟子になりたいと申し出るが、勝は拒否する。



三条実美(池内万作)を警護して江戸に来た武市半平太(大森南朋)が
岡田以蔵(佐藤健)と平井収二郎(宮迫博之)を連れて勝の屋敷を訪れる。
武市は、開国派の勝を、ことによってはきり捨てようという覚悟で乗り込んできたのである。



勝は武市の言葉から、龍馬が『幕府も藩もいらぬ』という考え方をもっていることを知り、龍馬に興味を抱き始める。

龍馬(3(海軍篇))
そして、龍馬を呼び出しもう一度、腰をすえて話をしてみる。



そこで龍馬が語りだした“龍馬が考える攘夷(じょうい)”とは・・・
坂本龍馬と幕末動乱の時代
posted by りょうま at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

四国 京都 長崎 坂本龍馬 鹿児島
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。