2010年03月29日

龍馬伝 感想 第13回

龍馬伝 第13回の『さらば土佐よ』の感想るんるん

いつの時代も泣くのは女性ですね。
その行く末を感じたのか? 妻お富が珍しく話を盗み聞き。
武市半平太伝土佐勤王党始末の行く末は?
暗殺集団へと変化していく。
龍馬脱藩物語


岩崎弥太郎も暗殺を試みるが、親友の一人で心の中では大好きな下士・坂本龍馬を暗殺出来なかった。
毒を盛った茶を自分で払いのけ態度がおかしい弥太郎を龍馬が問い詰める。



坂本龍馬が一人で吉田東洋宅に直談判へ。
暗殺のこともね。
通常なら会わないが龍馬が来たため話を聞き会った。
そこで下士でも才能があれば登城させ地位を与えると。
武市半平太は才がないとここでも言い切った。
そして、龍馬にワシの家臣になれ的なことを改めて言いましたね。
しかも甥っ子の後藤を押しのけて。



土佐下士が次々に脱藩へ。
噂とかが立ち朝食中に龍馬に行かないで的なことを言ったが、
的中したため黙ってしまい、乙女姉やんを最初に家族に知られる。
龍馬の変化をまじかで見てきた乙女姉やんだけが最初から最後まで
些細なことを読み取り感じていました。
脱藩ルートの地図が半紙に墨でかかれてました。




脱藩をすると家族親類にまでお咎めが及ぶ。
坂本家は後に残されたもののことよりも
坂本龍馬自身のことを心配している。
優しい思いやりのある家族像だ。



脱藩する前夜には家族全員が龍馬のことを想い
各人で龍馬のためにギフトを用意。
兄に至っては名刀で坂本家の家宝を。
迷惑をかけると思っていた龍馬は逆に感動で感極まって泣いて・・・
私ももらい泣きでした。
いいシーンでしたね^^。

坂本龍馬脱藩の道をゆく



最後にとうとう吉田東洋が暗殺されてしまった。
最期はあっけないなというのが正直なところ。
暗殺は天候や視界が悪いのが条件??のようですね。

幕末暗殺史に詳細に掲載。
土佐藩の藩政を握っていた人物が夜は護衛を付けずに歩くものなんですかね。
それとも吉田東洋だからだったからでしょうか?
posted by りょうま at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

四国 京都 長崎 坂本龍馬 鹿児島
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。