2010年03月14日

龍馬伝 第11回『土佐沸騰』のあらすじ

龍馬伝 第11回『土佐沸騰』のあらすじ


土佐沸騰は攘夷旗揚げが台頭した土佐の現状をたった4文字で見事に表していますね。


歴史的事件として朝廷の意向を伺わず日本の鎖国を解きアメリカと交易を始めた家老井伊直弼(松井範雄)が暗殺されるという『1860年の桜田門外の変』が起きましたね。
数々の時代のターニングポイントには日本暗殺総覧がついてまわってますね。
ここからが龍馬の飛躍から坂本龍馬最期の日までのターニングポイントへ。


平井加尾(広末涼子)と坂本竜馬(福山雅治)は初恋同士で結婚の約束をしていたにも関わらず
攘夷という目的のために離れ離れになり落ち込んでいた。いわゆる強制的な失恋状態。



一方岩崎弥太郎(香川照之)は折角商いの才能を買われたがお金に今まで縁遠かったため大金を目の前にして私利私欲の無駄使い(いわゆる着服だね)をして解任・土佐へ。



時を同じくして井伊直弼の桜田門外の変が水戸藩士によって引き起こされてしまった。
これに刺激をうけまくった武市半平太。
龍馬はいたずらに下士をあおる武市の言動を心配している。



土佐でも事件勃発。
上士が下士を切り、下士(池田虎之進・笠原秀幸)が仇討で切り殺した事件。
武市道場に下士が集結し上士との全面戦争一歩手前まで。



一方上士が集結している屋敷には土佐藩の参政・吉田東洋(田中)が弥太郎を連れて登場。
弥太郎は郷廻りをやらされる。
そこへ単身で龍馬が乗り込み上士を説得し、最悪の状態である下士VS上士を回避させた。
吉田東洋は龍馬の大胆かつ冷静沈着な対応に感心し興味を抱く。
坂本龍馬歴史大事典
改革派の東洋には光り輝いて見えたんでしょうね。



東洋は龍馬を自身の屋敷に呼び出し龍馬の身分を上士へ引き上げると通達。
素直に全く喜べない龍馬??
逆に武市は攘夷推進のための『土佐勤王党』に加盟するように迫る。
周りにはものものしい下士たちの切羽詰まった顔が・・・。
上士・下士共に千葉道場の目録(免許皆伝)の龍馬の剣術や人柄の争奪戦が始まってしまった。



このときの坂本龍馬の決断は?
⇒ 歴史人坂本龍馬の全て
posted by りょうま at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

四国 京都 長崎 坂本龍馬 鹿児島
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。