2010年03月29日

龍馬伝 感想 第13回

龍馬伝 第13回の『さらば土佐よ』の感想るんるん

いつの時代も泣くのは女性ですね。
その行く末を感じたのか? 妻お富が珍しく話を盗み聞き。
武市半平太伝土佐勤王党始末の行く末は?
暗殺集団へと変化していく。
龍馬脱藩物語


岩崎弥太郎も暗殺を試みるが、親友の一人で心の中では大好きな下士・坂本龍馬を暗殺出来なかった。
毒を盛った茶を自分で払いのけ態度がおかしい弥太郎を龍馬が問い詰める。



坂本龍馬が一人で吉田東洋宅に直談判へ。
暗殺のこともね。
通常なら会わないが龍馬が来たため話を聞き会った。
そこで下士でも才能があれば登城させ地位を与えると。
武市半平太は才がないとここでも言い切った。
そして、龍馬にワシの家臣になれ的なことを改めて言いましたね。
しかも甥っ子の後藤を押しのけて。



土佐下士が次々に脱藩へ。
噂とかが立ち朝食中に龍馬に行かないで的なことを言ったが、
的中したため黙ってしまい、乙女姉やんを最初に家族に知られる。
龍馬の変化をまじかで見てきた乙女姉やんだけが最初から最後まで
些細なことを読み取り感じていました。
脱藩ルートの地図が半紙に墨でかかれてました。




脱藩をすると家族親類にまでお咎めが及ぶ。
坂本家は後に残されたもののことよりも
坂本龍馬自身のことを心配している。
優しい思いやりのある家族像だ。



脱藩する前夜には家族全員が龍馬のことを想い
各人で龍馬のためにギフトを用意。
兄に至っては名刀で坂本家の家宝を。
迷惑をかけると思っていた龍馬は逆に感動で感極まって泣いて・・・
私ももらい泣きでした。
いいシーンでしたね^^。

坂本龍馬脱藩の道をゆく



最後にとうとう吉田東洋が暗殺されてしまった。
最期はあっけないなというのが正直なところ。
暗殺は天候や視界が悪いのが条件??のようですね。

幕末暗殺史に詳細に掲載。
土佐藩の藩政を握っていた人物が夜は護衛を付けずに歩くものなんですかね。
それとも吉田東洋だからだったからでしょうか?
posted by りょうま at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」のあらすじ

龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」のあらすじるんるん


緊迫する回になるのかな?

坂本龍馬(福山雅治)は、武市半平太(大森南朋)が吉田東洋(田中泯)を殺そうとしているのを知るが、龍馬自身が東洋の真意を問いただすことで、武市を押しとどめようとする。


 ピアノミニアルバム 大河ドラマ 龍馬伝


後藤象二郎(青木崇高)から龍馬暗殺の命を受けた弥太郎(香川照之)は、龍馬のお茶に毒を入れるが、龍馬がお茶を飲む前に、
弥太郎は龍馬の湯飲みを払いのけ、命を救う。
幼馴染を私利私欲のためだけに殺すことは出来ない。
本当は龍馬のことが武市同様に唯一心許せる友だからだ。



龍馬は、単身東洋邸へ赴き、武市にも参政させてほしいと願い出る。
東洋は真に土佐藩のためを考えているのは自分だと語り、
能力があれば下士であろうと取り立てるとも言う。
しかし、武市にはその能力が無いから相手にしていないのだと龍馬に告げる。
東洋は武市が思うような悪人ではないと、龍馬は悟る。



そのころ武市は、ひそかに東洋暗殺を実行するための刺客を集めていた。
ここから人斬りの業ができてしまう。
勤王党の中には、何もできない武市と土佐藩に見切りをつけ、
脱藩を考える者たちも出始めていた。



沢村惣之丞(要潤)は龍馬にともに脱藩しようと持ちかける。
これが脱藩をするいいキッカケに。



龍馬は再び武市を訪ね、東洋を殺すべきではないと武市を説得する。
武市は龍馬の気持ちをくみ、東洋を殺したりしないとその場をとりつくろうが、
二人の間には深い溝ができていて、どうにもならないもどかしさに苦悩する龍馬。
武市半平太は求心力とリーダーとして器はあるが視野が狭い。



そんな悔しさと失望感で龍馬の心の中には、
土佐を飛び出し日本のためになることをしたいという気持ちが、
今まで以上にふつふつとわき始めていた。



龍馬の気持ちを知った乙女(寺島しのぶ)たち坂本家の面々は、
龍馬の脱藩をあらゆる形で援護する。
家族の温かい心遣いに涙する龍馬。

そして涙ながらに静かに龍馬を送り出す家族たち。
その翌日、龍馬の姿は坂本家から消えていた。


龍馬が脱藩をすると映像が土佐を離れることになりますね。

その前に一度四国のお城・高知城を訪れたいものです。


龍馬が脱藩したころ、武市はついに東洋の暗殺を・・・
一体誰がその役を受け持ったのか?


第2部に向けて登場ですね^^。
NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 龍馬伝 Vol.2
posted by りょうま at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

龍馬伝 視聴率 第12回

龍馬伝 視聴率 第12回exclamation&question


今回は前回よりも『3.7%』バッド(下向き矢印)
初の20%を割ってしまった。ふらふら


『17.7%』

今回は濃い内容でしたからね。

マンガ「坂本龍馬」伝!
活字に飽きたら漫画もいいかもね^^!


posted by りょうま at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 視聴率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

龍馬伝の12回『暗殺指令』の感想です

龍馬伝の12回『暗殺指令』の感想をつづります。


弥太郎が郷廻りになってから結婚できる身分になり
結婚式ではデレデレでとてもうれしそうだったが、品格が・・・。
三菱財閥創始者としてのね。
日本の15大財閥
そして、嫁の喜勢(マイコ)って誰なんだろう?
モデルの出身?
綺麗でしたね。



長州の久坂の元を龍馬が訪れ本当の攘夷というものが何なのかを教えてくれとお願いする。
年上だが素直に問う姿勢に感服。


尊王攘夷の旗

龍馬に非常に分かりやすく攘夷を説明。
今でいうアメリカと日本との通貨(貨幣価値)価値が日本にとって非常に不利だということ。
これは自分にとっても非常に理解しやすかった。
為替ですね。



吉田松陰はこの日本にとって非常に不利な条約であるということを知っていたため
攘夷を叫んでいたんでしょうね!?
徳川家に伝わる徳川四百年の内緒話
このような理由から攘夷は日本のため、帝のためというのもうなずける。
だから土佐で武市達が叫んでいる攘夷という趣旨が的をズレているように感じちゃいました。



吉田松陰の言葉 ⇒ 『志が大きければ実行あるのみ』

この言葉から『脱藩』がキーワードで実行することが松陰の教えに該当する。
これが今の坂本龍馬にあてはまるのが『脱藩』に相当。



吉田東洋は坂本龍馬が土佐勤王党に入っていても武市を退けトップにならん限り潰れると読んでいる。
さすが切れ者だと感心。
そして、本心を甥っ子の後藤象二郎に言ってしまい、
坂本龍馬の上士昇格を反対している後藤象二郎のさらなる嫉妬を生んでしまった。
それは土佐勤王党に入った坂本龍馬を上士にして吉田東洋自身の腹心にしたいと・・。
これを聞いた甥っ子・後藤象二郎は意見書を投げ捨てそれをほくそえむ吉田東洋。
競い合わせようとしているのか?



土佐勤王党が大挙して吉田東洋の屋敷前に。
狭い了見でしか考えれない武市半平太が大嫌いだとはっきりと言ってしまった。
そして、あそこまで下士の前で足蹴に滅多打ちにされプライドがズタズタ。
今後が非常に怖い。
吉田東洋と武市半平太は水と油で相反する立場。



荒れ狂って酒を飲んでいる弥太郎のボロ家に後藤象二郎が・・・現れた。


武市半平太 ⇒ 坂本龍馬に吉田東洋
後藤象二郎 ⇒ 岩崎弥太郎に坂本龍馬

の暗殺を頼む。
暗殺の日本史は全てが嫉妬。
全て嫉妬からくる醜い想いでその時の顔ときたら何かに取りつかれた醜い人間の顔だった。



来週は『さらば土佐よ』で龍馬伝の第1部が終了ですね。

龍馬(2(脱藩篇))
そして、第二の龍馬の、龍馬伝のターニングポイントです。
posted by りょうま at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

龍馬伝 あらすじの第12回『暗殺指令』

龍馬伝 あらすじの第12回『暗殺指令』るんるん

沢村は、長州は久坂玄瑞(やべきょうすけ)らが今にも攘夷(じょうい)を決行しようとしていると話す。


龍馬は久坂に会いに長州へと旅立つ。
久坂は龍馬に、日本は異国に不公平な条約を押しつけられたのであって、幕府や藩などにこだわっていては、攘夷は実行できないと、熱く語る。



龍馬が土佐を留守にしているころ、弥太郎(香川照之)は、喜勢(マイコ)と結婚。
弥太郎は吉田東洋(田中泯)によって、郷廻りという役人に取り立てられていた。



同じころ武市は、すぐにも攘夷実行のために決起をすべきだという勤王党を押さえきれなくなっていた。
武市は藩がまとまって攘夷に向かわなければ、攘夷の実行は難しいと考え、勤王党の同志とともに東洋に面会を求める。


そこで武市は、土佐藩は攘夷のために動くべきであると必死に訴えるが、東洋は山内家が恩ある徳川幕府に逆らうはずもないと、武市の訴えを退けたうえ、勤王党の面々の前で足げにする。
徳川幕府の昇進制度
屈辱的な扱いを受けた武市は・・・ヤバイ行動を・・・。


一方、東洋門下の後藤象二郎(青木崇高)は、東洋が龍馬の力を高く評価していることに嫉妬し、弥太郎に命じ龍馬を・・・ 暗殺!?
⇒ 坂本龍馬最期の日
⇒ 龍馬暗殺最後の謎
posted by りょうま at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四国 京都 長崎 坂本龍馬 鹿児島
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。