2010年02月28日

龍馬伝 第9回「命の値段」のあらすじ

龍馬伝 第9回「命の値段」のあらすじ


一足先に江戸に出てきていた武市半平太(大森南朋)は桃井道場で塾頭になるほど剣術の腕を上げていた。
ある日、龍馬が半平太に誘われて居酒屋に行くと、薩摩藩や水戸藩、長州藩の若い藩士たちが、
徳川幕府の開国方針を改めさせようと話し合っていた。
⇒ 徳川幕府の実相
半平太は土佐藩が攘夷(じょうい)の先ぽうになるべきだと考えていた。



そんなとき、土佐藩の山本琢磨(橋本一郎)が、商人佐州屋の懐中時計を拾い、
ひそかに金に換えて自らの懐に入れようとしていたことが発覚する。琢磨は半平太の妻・冨のいとこではあるが、
土佐を攘夷の旗頭にするという思いをめぐらし、
規律を重んじる半平太は、金を不正に得ようとした責任をとって切腹をするべきだと、琢磨に苦渋の選択をつきつける。



龍馬は切腹する必要などないと、佐州屋に乗りこみ琢磨を許すように説得。
半平太とその門弟たちは、かたくなに切腹をせまる。

⇒ 日本人はなぜ切腹するのか

同じころ土佐では、ろう屋に入った弥太郎(香川照之)が謎の老人から教えられた“商売”について考え込んでいた。
これが後の三菱財閥の礎に。



江戸の土佐藩中屋敷では、閉めきった部屋で、両親にあてた手紙を涙ながらに琢磨が書き上げていた。
そこに戸をたたく音がして、琢磨が障子を開けると龍馬がいて・・・ 。



大河ドラマ龍馬伝のオリジナル原作が単行本にて発売・予約が開始ですね。
⇒ 【予約】 龍馬伝 1



今週の香川照之的おすすめシーンとは?

ろう屋に入れられた弥太郎が、のちのち三菱財閥を作る礎になるような出会いを!
薄暗いろう屋に何人もの罪人がゴロゴロ寝ていて、その中にいる弥太郎がひとすじの光を受けている。
ある老人から商売についての極意を聞くというシーンがあります。
馬小屋でのキリスト誕生のシーンをイメージされています。
弥太郎は、髪もひげも伸び放題で正にキリストの体裁。


貫地谷しほり的おすすめシーンとは?

江戸の名門である千葉道場の娘で、小さなころから剣術の腕を磨いてきた千葉佐那には、
クールなイメージが強いと思いますが、

兄の重太郎(渡辺いっけい)を「うるさい!」と言って台所のお玉で頭をたたくシーンなど、
佐那ちゃんのおちゃめな部分をたくさん見ることができます。

posted by りょうま at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

龍馬伝 視聴率 8回

龍馬伝 第8回の視聴率 速報わーい(嬉しい顔)


先週よりも『+2.1%』アップの『22.3%』


弥太郎と龍馬が同じ目的で口ケンカしながら行動を起こしたからでしょうかね?
そして、各々が進むべき道が明確に分かってきたから?


それとも龍馬が加尾に再告白みたいなのをしたからでしょうか?



主演の福山雅治自身個人視聴率戦争を一人がちしている状態ですね。


今週は2年ぶり?に再会する千葉佐那。
どういった駆け引き?があるのかな!?
posted by りょうま at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 視聴率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

龍馬伝 第8回の感想

龍馬伝 第8回の感想ぴかぴか(新しい)


安芸奉行所と庄屋はお金と貢物で関係が出来ていた。
昔から代官と庄屋の悪い関係はどの時代もあるんですね。



坂本家の長男権平の跡継ぎのあいさつ回りを龍馬と一緒に。
その途中に弥太郎の父が集団暴行をされているのを目撃。



大急ぎで通常30日かかる道のりを昼夜問わず父親が心配で16日で帰郷。
体中ボロボロになりながらだ。
それを見た龍馬は体が震えるぐらいに感動したと後に告白。
龍馬が先回りをして抗議をしていたのを弥太郎が自分の足で回って分かった。
岩崎家が今回の件で一つになろうとしている。



攘夷を目的とした江戸への剣術修行へ行く武市半平太達。
武市の他2名と計3名分(平井とイゾウ)の旅費を支給してくれている。
ここから幕末暗殺史が生まれてしまう。



2度目の龍馬への江戸行きの許可が出た。
しかし、幼馴染で友達の弥太郎のことが心配で江戸行きを遅らせた。
許してくれた坂本家への感謝の気持ちでいた。



そこへ弥太郎が飛び込んできて吉田東洋の家へ直談判へ。
門の前で3日間座り込んでいた。
結果、話を聞いてくれているが、


吉田東洋は自分を天才だと!
殿様は認めていて何をしても許されると!
やはり一癖もふた癖もある男である吉田東洋


お前らは何を持っている?
と言われ、反論出来ない龍馬と弥太郎。
この時代にこの環境下での正論だ。



結局、弥太郎は夜明け?に奉行所の門に刀で落書きをしてしまった。


このとき、龍馬と弥太郎が話し合っているときに流れていた挿入歌というかサントラが非常に良かった。

【ポイント10倍】クレカで全国送料無料!!NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック V...

弥太郎の武器は頭。
龍馬の武器は剣術。

そして、龍馬は弥太郎に別れ際に再度江戸に行くことを伝えた。
その後弥太郎は牢屋へ監獄された。
ここから龍馬の魂を継ぐ男岩崎弥太郎へ変化していったのか?



龍馬は弥太郎の錆びた刀をお金に変えて岩崎家へ持って行った。



龍馬は今回の事件で龍馬がすべき得るべきものが何か分かり意気込んで江戸へ。
次は免許皆伝をゲットだ。
その前に千葉佐那にすぐに江戸に戻るという約束からかなりの月日が経過している。
大丈夫か?



岩崎弥太郎が生まれた高知県安芸市が紹介。
⇒ 岩崎弥太郎ゆかりの地
posted by りょうま at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

第8回龍馬伝のあらすじ

第8回龍馬伝のあらすじ・ネタバレは「弥太郎の涙」るんるん


弥次郎は庄屋と水の配分について争っていました。
無事に父八平の葬儀を終え、あいさつ回りに出かけていた坂本龍馬(福山雅治)は、岩崎弥太郎(香川照之)の父・弥次郎(蟹江敬三)が男たちに殴られているのを目撃。


江戸で学問修行をしていた弥太郎は、
父親がけがをしたという知らせを受け、急いで土佐に帰ってくる。


弥太郎は庄屋や奉行所に抗議に行くが、
行くさきざきで龍馬がすでに奉行所の不公正な判断に異議を申し立てていることを知る。
下士の龍馬と地下浪人の弥太郎では奉行所の判断を変えることはできなかった。


半平太(大森南朋)は岡田以蔵(佐藤健)や平井収二郎(宮迫博之)とともに江戸に剣術修行に出発。
収二郎は妹の加尾(広末涼子)に龍馬に近づくなとくぎを刺す。
龍馬の恋人


奉行所の判断に納得できない弥太郎と龍馬は、土佐藩の実力者である吉田東洋(田中泯)に面会を求める。
しかし、東洋は何の力もない二人の若者の訴えなど藩が受け入れるはずがないと相手にしない。
吉田東洋遺稿
業を煮やした弥太郎は奉行所の門に、奉行所の不正を告発する落書きをするが・・・ 。
この行動が命取りに!



弥太郎役の香川照之のおすすめシーンは?

弥太郎が江戸から土佐へ大変な思いをしながら帰ってくるというシーン。
15秒とか20秒くらいのシーンを5つのブロックに分けて5か所で、3か月かけて撮影。
岩崎弥太郎不屈の生き方
このシーンはすごく苦労したシーンで足は常にはだしで、砂利道を全力疾走。
鼻水をたらしながら、砂利道を走って、転んで、また全力疾走。
地下浪人弥太郎の汚さの真骨頂を垣間見ることが出来るそうです。
posted by りょうま at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

龍馬伝の視聴率 第7回はどうだったかな?

龍馬伝の視聴率 第7回はどうだったかな?


やっぱりバレンタイン当日でバンクーバーオリンピックと重なっていたからか少し下がってしまいました。『ー1%』のダウンバッド(下向き矢印)


龍馬「海援隊」と岩崎弥太郎「三菱商会」

それでも20%を超えているので良かったわーい(嬉しい顔)ぜよexclamation


2月14日の龍馬伝 視聴率 第7回は『20.2%』exclamation&question


当時アメリカへ渡り世界を旅していたジョン万次郎の名前が出てきたのは無性に嬉しかったわーい(嬉しい顔)
ジョン万次郎とその時代の背景を知りたくなりましたね^^。


今までの視聴率の推移!

・第1回 視聴率 23.2%
・第2回 視聴率 21.0%
・第3回 視聴率 22.6%
・第4回 視聴率 23.4%
・第5回 視聴率 24.4%
・第6回 視聴率 21.2%
・第7回 視聴率 20.2%

第1〜7回の平均視聴率は『22.37%』^^。

このまま20%台をキープしていって欲しいですね。
posted by りょうま at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 視聴率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四国 京都 長崎 坂本龍馬 鹿児島
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。