2010年04月21日

龍馬伝 感想 第16回

龍馬伝 感想 第16回るんるん

目的の幕府の軍艦奉行並の幕臣勝麟太郎(武田鉄矢)に会いましたね。
また、この勝麟太郎(武田鉄矢)はハマリ役でした。
早口言葉でまくし立てる様に話す特徴的な話し方。
印象深かったですね。
笑ってしまった。本心は坂本龍馬役を演じたくて仕方がないと思うけれど。

【送料無料】【まんが全巻セット】文庫版 お〜い!竜馬 (1巻〜14巻 全巻セット) 小学館 ★...
だって「お〜い!竜馬」の原作をしている位坂本竜馬ヲタクですからね。


そして、同時に面接を行い「×」を連発。
人間を測っていました。
しかし、これは坂本龍馬が逆に勝麟太郎(武田鉄矢)の度量を測っていたんですね。
また、龍馬の幼なじみでまんじゅう屋の近藤長次郎(大泉洋)にも身分が違えど
一口龍馬饅頭[16個入]
同じ志を持って勝邸にて出会ったんだなと。
キッカケを作ったのが岩崎弥太郎。



入れ違いで武市半平太達が勝の真意と
将軍を帝の元へ上洛する様に助言を頼んでいました。
事が進まないことへの苛立ちを勝へ「攘夷」を盾に脅迫じみたことを・・・。
権力を手に入れた武市は人間というか人格が変わってしまったことをまんじゅう屋の近藤長次郎が指摘。



だが、勝は山内容堂と対等に話すことができる身分の旗本である告げ
逆に武市達を黙らせてしまった。見事でした。



武市が「龍馬は幕府も藩もいらない」発言が勝の心に火をともした。
明確な答えを持っている人間だと直感したんだろうか?
龍馬を後日邸宅に呼び武市の発言の真意を知ろうと誘導尋問。
勝も龍馬も同じ未来の日本の事を考えていてそれが海軍であり
黒船を持つということであった。
実際勝海舟はアメリカに渡り世界を見てきた一人。
だからこそ今の日本が置かれている立場を憂い柔軟な考えを持っていたんだと理解。



実行力と剣術そして、人を引き付ける魅力のあるのが坂本龍馬。
自分と同じ志を持ち言い方が適当ではないが
手足となって自分で考え打破してくれる仲間が欲しかったんだろうね。
ここで勝海舟 坂本龍馬と近藤長次郎のトリオが結成。

勝海舟の「咸臨丸」(黒船)に初めて乗船した坂本竜馬のはしゃぎ様は正に子供のよう。
そして、トータス松本演じる「ジョン万次郎」との出会い。
今後ここからがさらに面白くなる展開を予感させました。

ジョン万次郎
勝海舟
posted by りょうま at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

龍馬伝 視聴率 速報 第15回

龍馬伝 視聴率 速報 第15回るんるん


「18.4%」


ここ3回ともに18%台の視聴率。


ドラマ視聴率 2010
posted by りょうま at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 視聴率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

龍馬伝 第16回のあらすじ

龍馬伝 第16回「勝麟太郎」のあらすじ。


脱藩した龍馬(福山雅治)は江戸の千葉道場に!
佐那の兄・重太郎(渡辺いっけい)も龍馬が戻ってきたことを喜ぶ。
龍馬は幕府の軍艦奉行並の幕臣勝麟太郎(武田鉄矢)に会うために江戸に来たのだった。



龍馬は重太郎の取り計らいで幕府の政事総裁職・松平春嶽(夏八木勲)に会い、勝への紹介状を書いてもらうことに成功する。
幕末五人の外国奉行



龍馬は紹介状を携え、赤坂にある勝の屋敷を訪れる。
勝の屋敷で龍馬の前に現れたのは、

龍馬の幼なじみでまんじゅう屋の近藤長次郎(大泉洋)だった。



長次郎は、日本のために役に立ちたいという志を持って江戸に出てきたのだった。
龍馬は、勝の弟子になりたいと申し出るが、勝は拒否する。



三条実美(池内万作)を警護して江戸に来た武市半平太(大森南朋)が
岡田以蔵(佐藤健)と平井収二郎(宮迫博之)を連れて勝の屋敷を訪れる。
武市は、開国派の勝を、ことによってはきり捨てようという覚悟で乗り込んできたのである。



勝は武市の言葉から、龍馬が『幕府も藩もいらぬ』という考え方をもっていることを知り、龍馬に興味を抱き始める。

龍馬(3(海軍篇))
そして、龍馬を呼び出しもう一度、腰をすえて話をしてみる。



そこで龍馬が語りだした“龍馬が考える攘夷(じょうい)”とは・・・
坂本龍馬と幕末動乱の時代
posted by りょうま at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

NHK龍馬伝 第15回の感想

NHK龍馬伝 第15回の感想るんるん

坂本龍馬と平井加尾が再会するシーンで流れている音楽良かったですね。
 ピアノピース827 龍馬伝/佐藤直樹
第2部から採用されたピアノで「いちむじん」とはまた違いいいですね。


武市半平太率いる土佐勤王党がついに土佐藩主を京に引き入れ
三条公家に拝謁するまで至った行動力と統率力は上士にはない能力だ。
武市半平太伝新装普及版
這い上がるモチベーションと覚悟が違う。
土佐での虐げられ方と時間が長かったですからね。
反骨心がなせる業とも言えますね。
龍馬の時代京を駆けた志士群像


平井加尾が京に来て4年が経過。
大人の品のある京おんなになっていて
隠れ家の一室で龍馬が照れて顔が合わせれない。

龍馬ゆかりの地を訪ねる・・・カラーページに情報満載京都ガイドブック
やっと紆余曲折を乗り越えて両想いが実り契りを交わし夢の夫婦のような生活を送っていたつかの間の休息。
坂本龍馬と平井加尾は接吻をしたのだろうか?
画面ではわからなかった、カメラアングルが・・・。



土佐勤王党の党首・武市半平太が目的のために
周りの同志を手駒のように扱い岡田以蔵の事を
「以蔵は使える」と平井収二郎にニヤリと言ったシーン。
人斬りの業
漫画と実写では受けるイメージというか衝撃が全く違いましたね。
アメとムチを使い分けていますね。
江戸へ三条公家の護衛同伴する時にも武市半平太の隣に岡田以蔵を並ばせ歩かせていたのがアメですね。
以蔵は心の底から喜んでいたけれど。



土佐で虐げられた武市半平太が帝の使いに大出世したシーンと
それを妬んで不満を言っていたのを聞いて怒り心頭の岡田以蔵は
完璧な武市半平太の狂信的な信者ですね。
根底には幼いころから武士として接してくれたという強い想いがあったからですね。


脱藩した龍馬が以蔵と偶然会い、隠れ家で酒を飲み
お互いの立場と状況が違えど龍馬の考えを分かりやすく説法。
以蔵が重要な仕事をしていると話した後、
刀に手をした時人斬りをしていると龍馬の疑いが確信に変わり
さらに分かりやすく侍のプライドを保たせながら人斬りはダメだと説得させるのと同時に険しい表情の岡田以蔵が最後には憑き物がとれたすっきりとした顔に。



加尾が龍馬にこれから生きる道を導いてくれる方として「勝鱗太郎」の名を出して最期の別れを切り出し、「もう私のことは忘れてつかぁさい」と決心させる言葉を言いましたね。
龍馬も分かっているようで最期の抱擁でぬくもりを記憶しようとしていたのかな。
一緒に泣きました。
しかもその後にもう一回録画したのを再生。


また、NHK大河ドラマ龍馬伝を見てから頭から離れない言葉があります。
それが「どーいて?」と言う土佐弁。
来週はついに海軍編に入り、黒船や勝鱗太郎と千葉佐那が登場。
勝海舟と坂本龍馬新訂版
posted by りょうま at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

龍馬伝 あらすじ 第15回「ふたりの京」

龍馬伝 あらすじ 第15回「ふたりの京」の紹介^^。


武市半平太(大森南朋)も藩主・山内豊範(染谷翔太)とともに京に入っていた。
坂本龍馬(福山雅治)は大坂から京で三条家に仕える加尾(広末涼子)の元へと向かっていた。


武市は公家の尊王攘夷(じょうい)派・三条実美(池内万作)に拝謁(はいえつ)し、徳川幕府に攘夷を実行させるために、帝の勅命を持って江戸に乗り込むことを提案。
実行だけすれば土佐勤王党の目的をある意味果たしたといってもいい感じですね。


武市とともに京に入った平井収二郎(宮迫博之)は妹の加尾と久しぶりの対面。収二郎は龍馬が武市を裏切り土佐藩を脱藩したことを加尾に教える。
岡田以蔵(佐藤健)は土佐勤王党のために、勤王党の名をかたる者や開国派の人々を暗殺していた。
とことん武市に利用される岡田以蔵。
あんまりだね、時代に翻弄された一人。


同じころ、龍馬が加尾を訪ね、最初、龍馬を拒絶する加尾。
結局は兄の忠告を破り龍馬と一夜を過ごす。


土佐に戻った弥太郎(香川照之)は農民と同様の生活を送っていた。
しかし、侍としての意地がなかなか捨てきれない。
高い自尊心が邪魔をする。


加尾にかくまわれていた龍馬は、偶然以蔵に出会い、
懐かしさのあまり、龍馬に抱きつく以蔵。


龍馬、加尾、以蔵、懐かしい面々で酒盛りをしていると、
龍馬はふとしたきっかけで、以蔵が殺人に手を染めていることを知る。
三人は、自分たちが今の時代の流れのなかで、
懐かしい昔のような友達のままではいられないことに気づく。
思い悩み苦しんでいる龍馬に、加尾はある人物の名を告げた。
その名は・・・。


京都での、龍馬(福山雅治)と加尾(広末涼子)の別れのシーンが必見。
加尾は、龍馬というのはひとつの所にとどまる人ではないと思い別れを切り出す。
そして、京都での加尾(広末涼子)の容姿にも注目。

土佐の加尾は“かわいい”が、京都の加尾はものすごく“きれい”。
主演が坂本龍馬だが、見方を変えて平井加尾(広末涼子)に大注目!
posted by りょうま at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 龍馬伝 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四国 京都 長崎 坂本龍馬 鹿児島
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。